陶芸のひとりごと

nodacchi21.exblog.jp

愛知県長久手市在住、46歳野田宗憲(のだっち、むねサン)カメラを生業に、陶芸、グルメ、読書、旅行、登山などを楽しんでいます。

ブログトップ

学校に行ってみた

kazbizenさんが、K樹先生の答えを気にしていると思いますので(多分)、
火曜日の午後の行動を記します。

品野へ向かい、製造科同期のバンダナさんと合流し、
瀬戸陶芸協会で先生の作品の返却を受けて、訓練校へ。


校門を入ると、いつもあるはずの先生方の車がない!
代わりに瀬戸市とか、せとものプラザの車が並んでいる。

いや~~~な予感・・・

実習場に行くと、講師K藤先生しかいません。

窯業関係のお偉い方々が集まって、会議だそうで、
先生たちは夕方まで缶詰状態ということでした。  残念。。。

仕方ないので事務室に行って、もうひとつの用件を済ませました。

それは、在職者訓練の申し込み!

S水先生に申し込み状況を聞いたところ、
「この分だと抽選になりそうですねぇ」ということでした。

抽選=くじ。
自分が引くと当たりません。訓練校時代、展覧会の招待券とかでは、
いつもハズレでした。
しかし、今回は学校側が選ぶ他力本願タイプ♪
まず大丈夫と勝手に決めつけて、7月8日9日は休みを確保しました (^0^)

K樹先生には会えないので、バンダナさんと二人、b0095350_21341344.jpg
世界の村上金物店に行って、
道具や材料を見て回りました。


タタラの疑問を解消したい!

「事件は会議室で起こっているんじゃない。
現場で起こっているんだ!」
(笑)

現場の声を聞きに製造科同期のタタラ職人の所へ。

タタラ職人とは、いったい誰でしょう?  (つづく)
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-06-07 21:36 | Comments(2)

覚王山にアノ店が出店

結局、ギャラリー安里で「土のオブジェ」展を見るついでに、
覚王山日泰寺参道を散策することにしました。

覚王山は、幹線道路の広小路通り沿いにあり、駐車禁止の取り締まりを強化しているようでした。実際に、駐禁のステッカーを貼られ、レッカー移動される車を見ました。
警察署が近いこともあってすぐ飛んで来そう。

近年、覚王山はアートな街、多国籍文化の街に変貌しました。
名古屋で注目される商店街です。
日泰寺の参道を北へ進んでいくと、右手に
歩知歩智(ぼちぼち)という、ギャラリー兼陶芸教室があります。
ココは、訓練校出身者でK樹先生の教え子の方が、運営されています。


その店の隣に、多治見で有名なケーキ屋さん、b0095350_5562274.jpg
「シェ シバタ」 の名古屋店ができていました。
製造科の同期のうさぎちゃんさんなら、
ぼちぼちの隣にこんな店ができて・・・と
驚かれることでしょう。

ただ、残念なことに 火曜日は定休日。 
ケーキをいただくことはできませんでした。 
 (T0T)

そして、瀬戸へ。
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-06-07 01:42 | Comments(6)

名古屋市内は危険?

6月6日火曜日
仕事が休みになってしまいました。

さて、どうしよう。

平日の休みには、平日にしかできないことをしたい、平日しか開いていない所に行きたい!

決まっているのは、休みだけれども、1つ仕事をすること。

午後2時に瀬戸陶芸協会で、先生の作品の搬出
その後、訓練校に行って タタラの質問。

さぁて午前をどう過ごすか?

6月の予定で、まだ行ってない展覧会が
名古屋の覚王山にあるギャラリー安里の「土のオブジェ」展。

どうやって行くかが、問題。

道路交通法が改正されて、駐禁が厳しくなったので、
車で出掛けるのがちょっと躊躇します。

朝まで、よ~~~~く考えよ~~~。
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-06-06 00:14 | お知らせ | Comments(0)

タタラのゆがみは・・・

さて、タタラの皿があんな状態になってしまいました。

土の締め方とか、底面の溝の彫り方とか、考えられるのですが、
一番の原因は乾燥の仕方ではないかと思います。

長皿の縁から先に乾燥していったため、中心部との水分量の差から
ゆがんだのでは?

どうやったら均一に乾燥させることができるのか。

どうやったらゆがまないで形を維持することができるのか。



新聞でくるんでゆっくり乾燥させたつもりだったのですが、上手くいっていません。

いいやり方があれば、教えてください。m(_)m

瀬戸市立図書館では、乾燥のさせ方についての図書は、見つかりませんでした。


困ったときは、聞くしかありません。

明日火曜日に、訓練校に行ってK樹先生に質問してこようと思います。

間違っても「タタラのゆがみは、心のゆがみ」 とか、言いませんように・・・
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-06-05 08:39 | お知らせ | Comments(4)

つくるひと

今日は気分を変えて、
名古屋港金城埠頭にあるポートメッセなごやに行きました。

ここでは、<第14回 クリエーターズマーケット>が開催されています。
クリエーターズマーケットは、全国から約3000人のあらゆるジャンルのクリエーターが参加する、半年に一度のイベント。

もちろんクラフトには陶磁器の作家さんも参加されていますが、数は少なかったです。

私の意見ですが、
b0095350_1161083.jpgものすごい来場者!しかし年齢的には10代・20代の女性が多いので、
そこにターゲットを絞った作品でないと売れません。
特に陶磁器の場合、他の商品に比べて重いので、
よっぽど気に入ってもらわないと買ってもらえないと思いました。


そして、今日もまた、北大路魯山人展へ。
招待券をいただいたので、前回同様、じっくりと見て回りました。
展示されている作品はそのままだったけど、
盛り付けてある和菓子や果物などは、変わっていました。
今日もすごい見学者で、図録は完売していました。

2箇所、作り手の作品を見た後で、
私の手がけている皿の状態を確認すべく、
陶芸教室に立ち寄りました。b0095350_1143913.jpg


そこで目にしたのは・・・

ゆがんだ皿
  
_|ー|○
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-06-05 01:21 | Comments(2)