陶芸のひとりごと

nodacchi21.exblog.jp

愛知県長久手市在住、46歳野田宗憲(のだっち、むねサン)カメラを生業に、陶芸、グルメ、読書、旅行、登山などを楽しんでいます。

ブログトップ
はあぁぁぁ・・・

いよいよ今週末は赤津のまつり。窯の里めぐり です。
その準備もしなきゃいけないのに、
仕事で遠方に行かなくてはいけません。
b0095350_074725.jpg
7(月) 仕事でレンタカーで東京へ。
8(火) 覚王山で陶芸教室。
9(水) 赤津で17日から焚く、山の穴窯の掃除。
10(木) 覚王山の教室赤津にて仕事。
11(金) 仕事でレンタカーで伊賀へ。
12(土) 赤津のまつり。
13(日) 赤津のまつり。


仕事の合間や、仕事が終わってから、
自分の作品の仕上げやら値付けやらしなくてはなりません。

あっ、スタンプラリーの景品や、
赤津焼会館で鼎窯を紹介する作品のディスプレーも考えないと・・・

あっ、17日から焚く山の穴窯の作品も作っておかないと・・・

テンパってる。

今、思いついた!月曜のブログのタイトル。
予告しておきます。
福山雅治「東京にもあったんだ」

思いつくまま、書いてしまいました・・・
[PR]
# by nodacchi21 | 2007-05-06 00:05 | お知らせ | Trackback | Comments(8)

君と交わした約束は。

5月4日(金・祝)

朝から、土岐美濃焼まつり に出かけました。

会場は土岐美濃焼卸団地。
陶器のまつりなので、当然訓練校出身者いっぱい。
貸し工房のある、手わざ工房匠の館
そして、作陶家・クラフト工芸通り のテント。
陶磁資料館でお世話になった、EさんやHさん。
中国陶磁の旅でご一緒したFさんやNさん。
去年の在職者訓練で知り合ったSさんなど。
みなさん、ありがとうございました。
b0095350_21261563.jpg
今回、絶対に行かなければならないのが
68番のテント!

同期の4人が出店!
なかなか、人の入りが良くて、忙しそう。
さて、君と交わした約束は、果たさなくてはなりません。
来たからには、お買い求め。

製造科3人、デザイン科1人の作品たち。↓ 
b0095350_21275661.jpg

同期の皆さん、誰の作品かわかりますか?

ついでに、お願いしてしまいました。
鋳込みをやっている所なら、持っているであろう、物質。
急に必要になったので、分けてもらうことに。
すみません。助かります。
来週、取りに伺います。

来週末は、いよいよ私の作品の出番です。
*****************************************
スガシカオ「ヒットチャートをかけぬけろ」
*****************************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2007-05-05 21:30 | Trackback | Comments(4)
皆さんは、どちらでしょうか?

好きなものは、最初派?
それとも、最後派?


笠間ネタのラストです。

笠間の陶炎まつりの会場、笠間芸術の森公園。
その周辺には、ギャラリーロードがあります。

当然、見て回りました。
b0095350_6292223.jpg回廊ギャラリー門
ギャラリー曜耀(金澤美術)
さかさ川
かまげん
きらら館
スペースニコ


b0095350_63155.jpgそして、甘いもの好きの私は、
笠間で美味しいケーキ屋さん、
グリュイエールにも行ってしまいました。

工芸の丘に着いてからも、陶炎会場に直行せず、
茨城県窯業指導所で伝統工芸士の方のろくろの実演を見たり、
笠間工芸の丘新進作家陶芸展2007 を見たり、b0095350_6383761.jpg
茨城県陶芸美術館
人間国宝 三輪壽雪の世界 展を
見たりしてました。

そんなわけで、陶炎まつり会場に着くのが遅くなり、
帰りの電車の時間を考えると、滞在時間は1時間。
駆け足で回った次第です。

以上でお分かりのように、

私は、
好きだから最後派、好きだけど最後派。


お楽しみは最後に取っておきます♪
好きなものは最後にすると、
それまで期待で胸が膨らんでワクワクし続けるし、
好きなことをした後は、いいイメージが残るし、
一日を気分よく締めくくれるし、
翌日も気持ちよく迎えられます。

私なりの勝手な解釈ですけど・・・
*************************************
中山美穂「ただ泣きたくなるの」
*************************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2007-05-05 06:30 | Trackback | Comments(0)
さて、覚王山から名駅まで歩いて、
b0095350_20314517.jpgラシックやら、丸善やらに寄って、
最後はミッドランドスクエアのB1Fにある
箸ギャラリー門」へ。

先日から気になっていたことを確かめたかったのです。

笠間では、陶炎まつり会場に入る前に、
付近の何軒かのギャラリーを巡ってました。

回廊ギャラリー門」では、b0095350_20294378.jpg
筒井修さんや寺本守さん、橋口信弘さんなど、
笠間の作家さんの作品と共に、
お箸や備前玉も販売してました。
そうそう、「信楽六人展」という企画展があって、
そこにはtriple_peakさま と同期の
アノ人の作品も並んでいました。
訓練校、恐るべし!
あなたを思い出す ひとり。

門(もん)
同じ店名。
同じような品揃え。

予想通り、同じ系列のお店でした。
笠間、恐るべし!
*****************************************
コブクロ 「蕾」
*****************************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2007-05-04 20:30 | 徒然 | Trackback | Comments(4)
5月3日(木・祝)b0095350_23522688.jpg

昨日、左手の中指を負傷しました。
今日は覚王山の教室で、
連休前にろくろで挽いた作品を削ったのですが、
全部仕上げるのに、8時から14時までかかってしまいました・・・

それから、天気も良かったので、散歩しました。
覚王山から栄経由で名駅まで
アホだな。
覚王山から栄まで、意外に近くて1時間で着いちゃいました。
b0095350_2357864.jpg
私は、新しい発見があると、気分が高揚します。
普段見慣れた光景でも、
時間や天気や目線の高さを変えたりすると、
思いがけない発見があったりします。
栄や名駅もいつもなら地下鉄で行ってしまうのですが、
地上を歩いてみたら、見えなかったものが見えたり、
昔の記憶がよみがえってきて、頭が活性化された気がします。
様々な角度から物事を見ることができました。

左手の中指負傷で、分かったこともいっぱいあります。
瀬戸のろくろの挽き方だと、中指が使えないのは、ホント不便です。
お兄さんが出発しないと、みんな一緒にならないのです。b0095350_23593946.jpg
(訓練校で、k樹先生にろくろを学んだ人は、
この意味が分かると思います)
先日の笠間で、伝統工芸士の方の、
右で挽き上げるろくろの実演を見たのですが、
いきなり、右で上げるやり方をマスターできるはずもありません。
*************************************
ミスチル「innocent world」
*************************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2007-05-03 23:45 | 徒然 | Trackback | Comments(2)