陶芸のひとりごと

nodacchi21.exblog.jp

愛知県長久手市在住、46歳野田宗憲(のだっち、むねサン)カメラを生業に、陶芸、グルメ、読書、旅行、登山などを楽しんでいます。

ブログトップ

カテゴリ:読書( 69 )

祈りの幕が下りる時

b0095350_02211288.jpg
平成30年2月20日

東野圭吾『祈りの幕が下りる時』
先日、新参者最終章、劇場版祈りの幕が下りる時を映画館で見て、
涙してしまった後で、原作を読破。
原作は1986年に刊行されているため、
映画化にあたっては細部の設定が変わっていたが、
概ね原作に沿って映画化されていることがよくわかりました。
主人公の加賀恭一郎シリーズは10作。
『新参者』『赤い指』『麒麟の翼』『眠りの森』『祈りの幕が下りる時』は読んだので、
残りの5作も読んでいきたい。

[PR]
by nodacchi21 | 2018-02-21 02:36 | 読書 | Trackback | Comments(0)

メガネと放蕩娘

b0095350_01292642.jpg
平成30年2月18日

山内マリコ『メガネと放蕩娘』
舞台はシャッターが下りた店がほとんどの商店街。
多くの地方で直面している問題について、
シャッター商店街が出来上がる過程や、
土地家屋や居住者のメンタル、補助金頼みの活性化策など、
商店街を取り巻く現状がわかっておもしろく、
主人公の姉妹と、若者、馬鹿者、よそ者が、
試行錯誤しながら街を変えていくストーリーを
興味深く読み進めました。


[PR]
by nodacchi21 | 2018-02-21 01:43 | 読書 | Trackback | Comments(0)
b0095350_01123990.jpg
平成30年2月7日

原田ひ香『ミチルさん、今日も上機嫌』
バツイチ、45歳独身女性ミチルさんが、チラシ配りのバイトを始めて、
人との出会いから前向きに生きていく姿を描いています。
ミチルさんが80年代のバブル期を謳歌していた様子も出てきます。
私より少し上の世代の事なので、バブルがはじけた頃の世代からすれば、
うかれてたんだなあとつくづく思います。
ただそんな過去をいつまでも引きずらないで、おばさんになっても
今を受け入れ逞しく前向きに生きていく姿勢に共感を覚えました。

[PR]
by nodacchi21 | 2018-02-09 01:38 | 読書 | Trackback | Comments(0)

舟を編む

b0095350_01145042.jpg
平成30年1月22日

今月、広辞苑の第7版が発売されました。
出版社の辞書編集部を舞台に、新しい辞書づくりに取り組む人々の姿を小説化した
三浦しをん著『舟を編む』を読みました。
2012年本屋大賞第1位で映画化、アニメ化されました。
見出し語24万語の辞書『大渡海』完成まで15年。
ようやく発売にこぎつけても、すぐに改訂の準備。
言葉は変化していきます。
「めれん」なんて使ったことないけど、そんな言葉があるんですね。

[PR]
by nodacchi21 | 2018-01-24 01:29 | 読書 | Trackback | Comments(0)

さかなクンの一魚一会

b0095350_10433932.jpg
平成30年1月16日

センター試験やら成人式やら、人生の岐路に立つ若者も多いことでしょう。
『さかなクンの一魚一会』
東京海洋大学の客員准教授のさかなクンの自叙伝。
自らの生い立ちから、小学生時代、中学生時代から現在まで、
魚やいきものたちとの出合い、友人や周囲の人との出会いを語っています。
ご本人の魚に関する知識の凄さは言うまでもありませんが、
そんなさかなクンを応援し続ける、お母さんのブレない姿勢がすばらしい。

[PR]
by nodacchi21 | 2018-01-19 11:15 | 読書 | Trackback | Comments(0)

眠りの森

b0095350_00200316.jpg
平成30年1月10日

1月27日から映画『祈りの幕が下りる時』が公開されます。
阿部寛さん演じる加賀恭平の新参者シリーズの最終章。
TBSで『新参者』特別企画ドラマで『赤い指』『眠りの森』
映画で『麒麟の翼』が実写化されました。
が、石原さとみがヒロインを演じた『眠りの森』だけはまだ見てません。
ということで、原作の東野圭吾著『眠りの森』文庫本を読破。
図書館では書庫に保管されていました。
初版が1992年で、呼び出しにはポケベルが頻繁に登場。
時代の流れを感じました。

[PR]
by nodacchi21 | 2018-01-13 16:52 | 読書 | Trackback | Comments(0)

最後の秘境 東京藝大

b0095350_1164973.jpg
平成29年12月27日

『最後の秘境 東京藝大―天才たちのカオスな日常―』二宮敦人[著]
才能が試される特異な入学試験や専攻ごとの藝大生の特徴、
音校(音楽学校)と美校(美術学校)の違いなど、
藝大のカオスな実情が描かれている。
9月にNHKラジオ第1の「すっぴん!」のコーナー「源ちゃんのゲンダイ国語」で、
高橋源一郎さんは「今は『奇人変人』が住みにくくなってきた。
しかしそういう人が集団でいるところがある。」と紹介している。
ちなみに卒業生の半分は“行方不明”になる。
そんなおもしろい特別天然記念物の宝庫、東京藝大は、
今パンダが人気の上野動物園のお隣。お見逃しなく!!!
[PR]
by nodacchi21 | 2017-12-29 11:27 | 読書 | Trackback | Comments(0)
b0095350_19183647.jpg
平成29年12月17日

予約していた本の順番がやっと回ってきました。
今泉忠明著『続ざんねんないきもの事典』
大人気『ざんねんないきもの事典』待望の第2弾!!
「リスはドングリをうめた場所をすぐに忘れる」
「クリスマスのトナカイはメス」
「ゴリラのあいさつはゲップ」などつっこみどころ満載。
自然環境に適合し“たまたま生き残る”進化の果ての、
残念すぎて愛おしい生き物について、
楽しく一気に読んでしまいました。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-12-18 19:29 | 読書 | Trackback | Comments(0)
b0095350_12505629.jpg
平成29年12月15日

羽根田治著『ドキュメント 単独行遭難』
単独行の魅力と、そこに潜むリスクを5つの遭難事例から探る。
2010年度の警察庁の統計によると、全遭難者数2396人のうち、
単独行だったのは前年より120人も多い787人で、
全体の32.8%を占める高い割合となっている。
また、単独行の遭難者のうち死者・行方不明者は、全単独遭難者の21.6%にあたる170人で、
パーティを組んでいる(2人以上の)登山者における死者・行方不明者の割合(7.7%)と比較すると、
約2倍となっている。
もっとも単独行を否定するのではなく、過去の遭難事例を検証することによって、
単独行を楽しむために登山者が行なうべきリスクマネジメントについて考える内容。
なお雑誌『山と渓谷』2018年1月号には、本書で取り上げられた単独行遭難者お二人の、
事故後10年を振り返る座談会の様子が掲載されています。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-12-17 13:08 | 読書 | Trackback | Comments(0)

ヤギ飼いになる

b0095350_22182686.jpg
平成29年12月13日

愛くるしい表紙のヤギさんにハートをつかまれて、
図書館で借りてしまったのが、
『ヤギ飼いになる』
しばしば除草の働きがニュースで取り上げられるヤギ。
うちの庭の雑草を食べにきてくれないかと思うこともあります。
昔、乗馬クラブで働いていたころ、お馬さんと一緒に、
ヤギさんの世話もしていました。
おウマさんに比べたら、そんなに手がかかりません。
師走の忙しい折、ヤギを飼う夢を見て現実逃避。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-12-15 22:32 | 読書 | Trackback | Comments(0)