陶芸のひとりごと

nodacchi21.exblog.jp

愛知県長久手市在住、46歳野田宗憲(のだっち、むねサン)カメラを生業に、陶芸、グルメ、読書、旅行、登山などを楽しんでいます。

ブログトップ

シンポジウム『碗・盌・わん』の形を考える

b0095350_21511433.jpg
平成30年6月17日

多治見のギャラリーヴォイスでは、私を含め400人ほどの作家が出品する企画展
『わんの形2』が開催されています。
この日、シンポジウム『碗・盌・わん』の形を考える、と交流会がありました。
魅せる飾る器と使う機能的な器に関して、
パネリストの方の貴重な意見を聞くことができました。
それ以上に、私の印象に残ったのは、石川県観光特使の肩書を持つ
十一代大樋長左衛門さんが、自らの作品の紹介で
「山の景色からインスピレーションを得た作品」という言葉。
ここでも山歩きが作陶において有益であるみたいな発言に安堵しました。
さて、会場では久しぶりに再会する方や初めてお話した方、
その後、スペース大原にて「與語小津恵展」にお邪魔したりと、
なかなか密度の濃い時間を過ごすことができまして、
お声がけいただいた竹内先生に感謝申し上げます。

[PR]
トラックバックURL : https://nodacchi21.exblog.jp/tb/28382271
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by nodacchi21 | 2018-06-17 22:11 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)