陶芸のひとりごと

nodacchi21.exblog.jp

愛知県長久手市在住、45歳野田宗憲(のだっち、むねサン)野田写真館を営む一方で、陶芸、甘いもの、車や鉄道に乗ってあちこち出没。最近は登山に嵌っている。

ブログトップ

あの人 この人

11月2日(木)b0095350_2203815.jpg

名古屋の教室にて仕事。
ギャラリーの店番をしながら、
陶芸教室の仕事。
金銀彩の窯出し。
酸化の窯出しした作品の仕上げ&織部の渋抜き。
生徒さんの作品の乾燥。
そして、ちょっと強引ながら、素焼きへ。
あと、土鍋の手直し。
b0095350_2222295.jpg
16時過ぎに教室側の仕事に区切りをつけ、
先生の個展の案内冊子の封入。
とりあえず180通。
あの人 この人 
いろいろな方々へ、送ります。
東京近辺の皆様、まもなくお手元に届きます。

明日は、赤津の工房にて、穴窯とガス窯の窯詰め&窯焚き。
東京の個展に向けて、ラストスパートです!
****************************************
タイトルは、郷ひろみ「お嫁サンバ」
****************************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-11-02 22:05 | Trackback | Comments(0)

先生の個展

11月14日(火)から20日(月)まで、
東京にて先生の個展が開かれます。


11月18日(土)は、
個展の雰囲気を体感したり、お手伝いをするため
1日中、会場にいる予定です。

久しぶりにスーツ着て、
デパートの美術部の人と間違われたりしていると思います(笑)
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-11-02 06:55 | お知らせ | Trackback | Comments(2)
11月1日(水)

朝晩、めっきり寒くなってきました。
今年もあと2ヶ月となりました。

陶芸教室では、生徒さんのMさん が初個展をされます。
b0095350_724450.jpg
そのDMをいただいたのですが、
それを見てビックリ!!

Mさん、御年90歳だったのです!!!
しかも、陶芸を始められたのが、80歳から。
八十の手習いという言葉がありますが、
それをそのまま実践されてきたのです。
知りませんでした。

2日(木)は、私はギャラリーにて仕事なので、
31日(火)に焼いた金銀彩の窯出しをしたりします。
Mさんの作品、うまく焼きあがっているといいなぁ。

なお、先日の還元で、Mさんの銘々皿も焼いたのですが、
うまく還元を書けることができず、すみませんでした。

Mさんの個展の日は、丁度赤津の工房で窯焚きの予定なのですが、
なんとか時間を作って見に行きます。

**********************************************
タイトルは、美空ひばり「川の流れのように」
**********************************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-11-01 12:00 | 陶芸・展覧会 | Trackback(1) | Comments(0)

ほら いつもを凌ぐ

10月31日(火)

昨日から、先生の個展に向けての仕事体勢になってます。
あと2週間は、もう計画通りに進まないと、
間に合いません。ギリギリのところで作業を進めています。
今日は、先生は名古屋の陶芸教室に行かれてしまったので、
一人で、いつもと違う作業をしました。
原料を合わせて、釉薬の準備。
b0095350_1334066.jpgタンパンをするので、を乳鉢で摺る。
鍋に入れて煮立てて、ふのりの用意。
作品を天日で干し、窯詰め。
昨日焼いた素焼き を出して、コンプレッサーで
エアーをかけて、すぐ施釉できるように並べる。

これだけ、いつもを凌ぐような忙しさになっていくと、
忘れてしまうことがあったりします。
しっかりメモを取って確認しながらこなしています。

****************************************
タイトルは、バービーボーイズ「目を閉じておいでよ」
****************************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-10-31 16:20 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(2)

悲しみの My Heart

10月30日(月)

赤津の工房にて仕事。
先生の作品作りのための、粘土の用意など。

仕事が終わってから、名古屋の教室へ行って、
26日(木)にスイッチを入れた、酸化の窯出し

b0095350_20494078.jpg蓋を開けて、絶句・・・「うわぁ~」
荒れ模様。
今回、テストで焼いてみたものは、ほとんど失敗。
画像の中央の上に見える、
初めてろくろで挽いた急須は、水切れが悪いし、
さらには、生徒さんの作品で
私が釉掛けしたものが、
棚板にベッタリついている。

悲しい結果になってしまいました。

ただ、唯一、一応の成果を上げたのが、
クラフトフェア 工房からの風 で直に教えていただいた
萩原さんの装飾方法だけ。


しばらくは、この手法で皿などを作ってみます。
********************************************
タイトルは、桑田圭祐「悲しい気持ち(Just a man in love)」
********************************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-10-30 19:10 | Trackback | Comments(3)