陶芸のひとりごと

nodacchi21.exblog.jp

愛知県長久手市在住、45歳野田宗憲(のだっち、むねサン)野田写真館を営む一方で、陶芸、甘いもの、車や鉄道に乗ってあちこち出没。最近は登山に嵌っている。

ブログトップ

本当はサンタクロース

11月25日(土)b0095350_22572665.jpg

今日は朝から豊田市平戸橋に行き、
豊田市民芸館で開かれている、
特別展「民芸が育んだ人間国宝たち」を鑑賞。
陶芸では、
富本憲吉、濱田庄司、金城次郎、島岡達三の作品が
展示してありました。

民芸館に行く途中で面白いものを見つけました。
クリスマスの一ヶ月前にふさわしいネタです。
以前から陶芸にはダジャレのセンスも必要?と言っていますが、
コレはどうでしょう?!
b0095350_2312450.jpg


さすがトヨタ。車の町です。
ドライブスルークリーニング!!!
サンタが洗濯してる!!!
***************************************
タイトルは、松任谷由美「恋人はサンタクロース」
***************************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-11-25 10:30 | Trackback | Comments(2)
11月24日(金)

赤津の工房にて、窯ものの花入れの制作。

仕事が終わってから、
b0095350_2258061.jpgバンダナさん の工房に行ってきました。
某窯元に納める茶碗を作っていました。
今、気を使っているのは、乾燥状態で、
乾きが遅いのと、凍結!!

先週日曜の飲み会 では、
バンダナさんとあまり話しをしていなかったのですが、
話をしているうちに重要なことを思い出しました。
以前、卓球さん から提案のあった件。
その話は、催促とかなかったので流れたと思っていたのですが、
どうも生きているみたいです。

とりあえずそれが 僕らの目標

具体的に決まりましたら、内容をお伝えします。

そして、明日の土曜は休み。出かけます!
*************************************
タイトルは、槇原敬之「No.1」
*************************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-11-24 19:10 | Trackback | Comments(0)

いつも走ってた

11月23日(木・祝)

休みになりました。
名古屋市内のギャラリーめぐりをしようかとも思ったのですが、
今日は「なごやシティーマラソン」で混雑しそうだったので、
久しぶりに多治見・土岐・瀬戸と回りました。

たじみ創造館3階にある、ギャラリーヴォイスで開かれていた
「やきものの現在~PART1」 b0095350_19594064.jpg
岐阜県陶磁資料館「美濃陶芸秀作展」
土岐市美濃陶芸歴史館「魅せられて志野」
黒い鼠志野の作品を初めて見てビックリ!!
志野の製作工程が紹介されていて、
鼠志野と赤志野の違いなど
わかりやすかったです。

瀬戸に戻って、新世紀工芸館
「大泉讃・林邦佳 陶瓷展ー食器を中心にー」
「瀬戸原型協会」
そして、瀬戸市美術館
「五代 加藤作助 陶芸展」と、
併設して開かれている「作助を慕う作家たち展」を鑑賞。
作助先生は、赤津でたまにお見かけするのですが、
瀬戸市と愛知県の無形文化財保持者という
伝統工芸会の重鎮です。
12月に日本橋三越で個展が開かれます。

いや~~久しぶりに走り回りました。
そして、ほかにも行きたい展覧会や個展がいっぱい見つかりました。
**********************************************
タイトルは、レベッカ「フレンズ」
**********************************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-11-23 17:00 | Trackback | Comments(4)
11月22日(水)

赤津の工房にて仕事。
花入れ を作っています。
ろくろで挽いたものを、削ったり押さえたりして、
変化をつけるのですが、先生のイメージ通りのものになりません・・・

母屋の庭は、紅葉の見頃を向かえています。
b0095350_19211494.jpg赤や黄色の 色さまざま

この庭は、先代の頃の先輩弟子の方たちが、
作り上げたものです。
陶芸よりも大工仕事の方が多かった時代です。
それに比べたら、かなり土に触れる環境にあるのですが、
上達の兆しが見られない・・・

さて、先生が東京から戻られて、
大まかな予定が見えてきました。
来月早々に穴窯を焚かなくてはなりません。
ガス窯の焼成もあり、電気窯で上絵もあり、素焼きもしなければいけないし・・・
来週は、バタバタしそうです。
****************************************
タイトルは、童謡「もみじ」
****************************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-11-22 09:40 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)

ふりむけばヨコハマ

11月21日(火)

いつもなら午後から名古屋の陶芸教室なのですが、
今日は11時からギャラリーを開けなければならなかったので、
朝早くから訓練校に行きました。

今日は、ろくろの講師で製造科を教えにいらっしゃっている
ceramistbamboo先生に用事があって訪ねていきました。
先生、ありがとうございます。
しっかり使いこなして活用させていただきます。
そして来月、ceramistbamboo先生の個展が、横浜であります。
黒板にDMが掲示されていました。
「のだっちくん、来る?」と直々にお誘いを受けましたが、
その頃は、窯焚きの予定です。。。

製造科では、ろくろの自由制作(カップ&ソーサーとか小鉢など)がほぼ終わり、
加飾(化粧掛けや掻き落しなど)をする人もいれば、
次のステップに進んで、筒花に挑む人もいました。

b0095350_2018442.jpgK樹先生は、事務室で仕事してて会ってません。
が、実習場の指導員室で、懐かしいものを見つけました。
昨年撮った、防災訓練の写真。→→→
まだ、貼ってありました(笑)

*********************************
タイトルは、マルシア「ふりむけばヨコハマ」
*********************************
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-11-21 09:50 | Trackback | Comments(2)