陶芸のひとりごと

nodacchi21.exblog.jp

愛知県長久手市在住、45歳野田宗憲(のだっち、むねサン)野田写真館を営む一方で、陶芸、甘いもの、車や鉄道に乗ってあちこち出没。最近は登山に嵌っている。

ブログトップ

電気窯で素焼き

先生不在だったので、赤津の工房で、一人電気窯で素焼きをしました。

(緊張して眠れないかも・・・)と、昨日のブログに書きましたが、
電気窯の手動のレバーを、弱→強に変える程度の操作なので、急激な温度上昇さえしなければ、素焼きは無事に終わるハズです。

私が一番恐れていたのは、コレです!!!
b0095350_21161751.jpg

ちょっと分かり辛いかもしれませんが、
私の左にある板が、ここの長板です。
ちなみに、着ている服は、訓練校の作業着です(^^

私の身長(175センチ)よりも長く、
実際190センチもあります!!!


このなが~~~~い板に、先生の作品を載せて、運ぶんです。
想像しただけでも恐ろしいでしょ。。。
訓練校のモノが、ホントにスモールサイズに感じました。

今回は無事に窯焚き終了♪(たぶんダイジョウブ)


明日窯出しして、ちゃんと素焼きの出来た作品を、先生にお見せできますように・・・
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-05-16 21:44 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(5)

ついに粘土に触れる♪

今日は、先生のお許しが出て、。b0095350_20464770.jpg

粘土に触りました♪

でも、菊練りする必要なし!

土を締めて、タタラの準備です
訓練校でタタラも習っていたけれど、やり方は違います。

4月に霞仙陶苑に勤めている、同期の寒風呂さんにタタラの作業を見せてもらったことがあります。例のタタラ切りの道具の実演!

窯元や陶芸作家さんの数だけ、独自の手法があります。
もちろん企業ヒ・ミ・ツなので公表できません。

早く工房の方式をマスターしたい!!

そして、帰り道、書店に寄って、タタラの特集が組まれていた「つくる陶磁郎34」を買ってしまいました。

明日は、先生不在で、私一人で窯焚きです。と言っても、手動の電気窯での素焼きです。
先生の作品なので、失敗は許されません。

緊張して眠れないかも・・・・
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-05-15 21:35 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(2)

瀬戸は狭いなぁ

「どこにでも出没する」
訓練校で、製造科に限らず、デザイン科からも、よく言われました。
今日は、天気もよかったので、久しぶりに動き回りました。

昨日、一日陶芸教室で土に触れたのと、備前で弟子入りしている同期がぐい呑みをいっぱい挽いているのを見て、今朝はぐい呑みを15個手びねりで作っていました。

b0095350_2157922.jpg


赤津の工房に行って、少し作業をしてから、赤津を回りました。

赤津窯の里めぐり」に参加されている方が、たくさんいらっしゃいました。
私もスタンプラリーをやりたかったのですが(笑、
用事が立て込んでいたので、とにかく顔を出しておきたい窯元や工房を回ってきました。

宮地生成先生→霞仙陶苑→西山窯→森脇文直先生→飛鳥窯→田畑博民先生→寺田康雄先生、寺田鉄平先生→棚橋淳先生→晴峰窯→三峰園窯→安藤敏彦先生

はじめに、宮地先生から「安藤先生が赤津で働いているなら顔出してと言っていた」と言われました。安藤先生、なんで私が赤津で働いているのを知っているのだろう?

疑問を抱きつつ、最後に安藤先生の工房にお邪魔しました。
1年前の窯めぐりの時以来、久しぶりにお会いしました。

謎はすぐに解けました!

安藤先生は、「工房ゆずりは」とつきあいがあって、デザイン科の同期のTさんから、私が赤津にいることを聞いていたのでした。

やっぱり瀬戸は狭いなぁ。

15時に瀬戸を離れ、名古屋栄に向かいました。

三越で木村将人作陶展(独自の9種類の釉薬を用いる)、丸栄で宮尾昌宏作陶展(同期の下町で陶芸さんが働いている備前の備州窯出身)、東海伝統工芸展、丸善で人間国宝陶芸作家展を見て回りました。

スーパーで買い物して帰宅したのですが、ブログを更新してさらにもう一仕事片付けなければなりません。

それは、朝作ったぐい呑みの削り!
朝から晩まで、陶芸ばかりの一日でした。
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-05-14 22:58 | Trackback | Comments(3)

一日陶芸体験教室

今日は、赤津の工房に、お客様をお迎えして、b0095350_2045627.jpg
陶芸体験教室が行われました。

午前中に手びねりで茶碗をつくり、
午後に削って高台をつけて完成です。



今日の体験は、私にとって、とても勉強になりました。

この3月まで、訓練校で教わる側でいた自分が、
お客様から「先生!」と呼ばれる立場になり、
教えることの難しさを思い知らされました。

同期の何人かは、陶芸教室で指導しています。
どんなふうにお客さんと接しているのだろう?

寒風呂HGさんや、そばちょこのりさんの仕事ぶりを見に行こうかな~~


###################################
お知らせ
5月13日、14日は「赤津窯の里めぐり」が開催されていますが、
陶芸教室があったため、私の勤める工房は見学できません。
どうぞよろしくお願いします。
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-05-13 22:18 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(2)

窯出し

5月2日から5日まで、赤津の山の中にある穴窯で窯焚きをしてたのですが、
今日窯出しを行いました。

いつも窯出しの時は、ド・キ・ド・キ・です。

たいてい自分の思い描いていた作品にはならないことが多いのですが・・・


やっぱり甘い期待は裏切られました。。。



今回の窯出しには、訓練校の製造科の同期が来てくれました。

      ありがとうございます。

b0095350_21394344.jpg

                  3人いるけどわかるかな?


####################################
なお、このブログのタイトル「陶芸」では物足りないというご意見を頂戴しました。
さらに「ひとりごと」を付け加えたらというアドバイスもいただきましたので、
両方を生かして「陶芸のひとりごと」にしてみます。
[PR]
# by nodacchi21 | 2006-05-12 21:57 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(4)