陶芸のひとりごと

nodacchi21.exblog.jp

愛知県長久手市在住、45歳野田宗憲(のだっち、むねサン)野田写真館を営む一方で、陶芸、甘いもの、車や鉄道に乗ってあちこち出没。最近は登山に嵌っている。

ブログトップ

<   2015年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

1月31日
愛知県知事選挙の期日前投票をしに、
長久手市役所へ。
長久手は「市」なので、「市民」であることは間違いないので、
中日新聞が「市民版」なのは、ごく自然なことのように思われますが、
ここに大きなひっかけがあります。
「市民版」といっても、ここでいう市民とは、名古屋市民のこと。
これまでずっと長久手町時代から「市民版」でしたが、
ついに2月1日から、長久手、瀬戸、尾張旭、日進を中心とした、
地元情報の「なごや東版」に変更になります。
明日、2月1日はいろいろあって、忙しい。
b0095350_743865.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2015-01-31 17:14 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

ひなミッドとつるし雛

瀬戸蔵のひなミッド。
高さ4メートル、11段のピラミッド型巨大ひな壇に、
ユーモラスなネコの人形や、ガラスの人形、
絵付けした人形や皿など、約千体のお雛様が飾られています。
今年はひなミッドの背景に大きなつるし雛も設置され、
ひなミッドとつるし雛で一層艶やか。
私の簡素な作品以外にも、訓練校の同期が二人、
キチッとしたものを出品しています。
b0095350_14572068.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2015-01-30 14:43 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)

感じる縄文時代

名古屋市博物館では、特別展 感じる縄文時代が開催されています。
今からおよそ15,000年前、長い氷河時代が終わり、温暖な気候になりはじめた頃、
日本列島で土器が使われはじめ、縄文時代が始まりました。
15,000年頃前から2,400年前頃まで10,000年以上続いた狩猟と採集にくらしの基盤をおく縄文時代。
この時代を代表する遺物である火焔型土器や遮光器土偶をはじめ、
各地から出土した土器や石器、土偶などのさまざまな道具を通じて
縄文人のあふれる生命力と豊かな心を紹介する展示。

展覧会に連動したイベントで、展示品のシルエットクイズと、
もようをみつける「ちょっとむずかしいかもバージョン」
両方にチャレンジしてみました。

これほどまでに神経を集中させて、
縄文土器を食い入るように見入ったことは、ありません。

何度回っても、あとひとつの模様がわからず…
こうなったら意地!じっちゃんの名にかけて?
1時間30分かかって、感じて、閃いて、ようやく発見(涙)
古代の人達の感性に、ちょっと近づけたかな。
b0095350_16193255.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2015-01-29 16:19 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)

プレミアムラーメン

バファリンのCMで、由紀さおりさんのセリフ
「プレミアム」
その言葉がミョ〜に頭にこびりついています。
スガキヤに行って、ついつい頼んでしまいました。
プレミアムラーメン

68年間、ラーメンと甘味を提供してきたスガキヤが
「ちょっと贅沢」「あたらしい驚き」「こだわりの食材」をプラスした、
新しいSプレミアムというブランドを立ち上げた。

その第1弾がプレミアムラーメン
ラーメンを構成する「スープ」「メンマ」「肉」の素材、味付けにこだわりつつ、
価格も期間限定のキャンペーン特別価格「390円(税込)」で販売。
肉は、通常の9倍、メンマ、ネギは、通常の2倍、生玉子復活!
お得感満載です。
b0095350_23512865.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2015-01-28 23:37 | グルメ・スイーツ | Trackback | Comments(0)

美濃陶芸庄六茶盌展

美濃陶芸庄六茶盌展は、
加藤智子氏(ヤマカ興産株式会社社長)よりの寄付金を基金にして、
美濃陶芸の発展に寄与された氏の義父・故加藤庄六氏(多治見市名誉市民)の名を冠して
創設された全国公募の茶盌展。
ジェイアール名古屋タカシマヤの美術画廊で開かれた「名古屋展」へ。
10階でエスカレーターを降りようとしたら、
目の前に若い女性の長蛇の列。
陶芸ブーム到来か⁉︎

ちがった…
同じフロアーで催されている日本最大級のショコラの祭典
Amour du Chocolat!のブランドを求める人たちでした。

外の熱気から逃れ、二十歩先生の作品など150点ほどの茶盌を、
静かに、じっくり鑑賞しました。

画像は、タカシマヤ1階。
b0095350_1256561.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2015-01-27 12:34 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(1)

うまい仏

在名テレビ各局のニュースや新聞に取り上げられ、
気になった展示を見たくて、名駅のミッドランドスクエアへ。
スナック菓子「うまい棒」に仏像を彫っています。
円空最後の作品を模した「うまい仏(歓喜天)」、
「チーズ味」や「チキンカレー味」など18種のうまい棒を素材にした作品、
煩悩の数である108に一つ足りない107体を並べた
「百七体旨仏像(ひゃくななたいうまいぶつぞう)」の3点が展示されていた。
生涯に12万体の木彫りの神仏像を彫ったとされる江戸前期の遊行僧、円空。
現代アートを通して幅広い世代に興味を持ってもらおうと、
ゆかりの深い関市が全面協力する展示でした。
みなさん写メを撮って楽しんでました。
私は、作品の発想もさることながら、うまい棒の味の種類の多彩さにオドロキました。
b0095350_9533034.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2015-01-26 09:38 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)

伊奴神社

今年の干支ということで、羊神社が注目の的ですが、
名古屋市西区には、いぬ神社があります。
犬ではなく、伊奴と書いて「いぬ」。
西暦673年、この地で取れた稲を皇室に献上した際に建立されたものと伝えられ、
1300年余りの歴史を持つ古社。
社殿、向かって左側には犬の石像。
伊奴神社は、災難厄除けの神様として崇められたほか、
ご祭神である伊奴姫神が安産、子授けに大きなご神徳のある神様であり、
なおかつ、犬は安産する(お産が軽い)ことから、犬の石像が奉献されているそうです。
また、犬用の御守りを授かることもできます。
b0095350_711997.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2015-01-25 06:53 | 旅行 | Trackback | Comments(0)

喫茶 ベニ

週末
モーニングしようと、名東区梅森坂にある
喫茶 ベニ に出かけました。
モーニングメニューのヴォリュームに驚かされます。
ブランチメニューやらお子さまメニューも含めると30種類を超えます。
その気になれば、1か月毎日通っても違うメニューが味わえます。
じっくり比較検討する気もなかったので、洋風の元気シリーズから注文。
和風は、おにぎりとか納豆とか赤出しとかつくらしい。
ちなみに、モーニングいらない人用のサービスもあったりします。
朝から栄養をしっかり摂って、名古屋を動き回ります。
b0095350_22122829.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2015-01-24 22:08 | グルメ・スイーツ | Trackback | Comments(0)

鉄ちゃんバー

鉄ちゃんバーは、
鉄道ファンが集うバーのこと…ではありません。

撮り鉄には定番アイテム。
「鉄ちゃんバー」と誰が名付けたか知らないけど、
複数台のカメラをセットし、置きピンで鉄道を撮影するための必需品。

発表会などの撮影では、2台のカメラにそれぞれ三脚を用意していましたが、
次回は広い撮影スペースが確保できないようなので、
三脚1台でカメラ2機付けられる鉄ちゃんバーを購入しました。
試しにバーの両サイドにカメラをセットしてみましたが、
三脚は問題なく、しっかり働いてくれそうです。
b0095350_11375358.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2015-01-23 12:34 | 写真 | Trackback | Comments(0)
1月22日
桃の節句の頃、せともののまち瀬戸では、
陶磁器やガラスで丹精こめて作られたお雛さまがまちを彩ります。
1月24日(土) ~ 3月15日(日)の会期で、瀬戸の新世紀工芸館では
陶とガラスの雛人形とお茶を楽しむうつわ展が開かれます。
陶磁器やガラスで制作された様々な雛人形や、
湯呑みや抹茶碗、菓子皿も展示します。
今回は瀬戸市を中心に、陶芸作家とガラス工芸作家40名による
約190種類500点の作品が並びます。
私も、へったくそな絵付けしたちっちゃいお雛様を搬入してきました。
b0095350_13112087.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2015-01-22 12:51 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)