陶芸のひとりごと

nodacchi21.exblog.jp

愛知県長久手市在住、45歳野田宗憲(のだっち、むねサン)野田写真館を営む一方で、陶芸、甘いもの、車や鉄道に乗ってあちこち出没。最近は登山に嵌っている。

ブログトップ

<   2014年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

これほどの人気とは…

突然ですが、ぴよりんを知ってますか?

可愛い!本当にどこから食べていいかわからない……と話題になっているスイーツ。
それが名古屋駅の「ぴよりんプリン」。
見た目がかわいすぎる〜
東京に住む妹がたいそうお気に入りのようで、
卒園アルバムの校正の済んだ自分へのご褒美に、
名駅に出掛けました。

「ぴよりんプリン」320円は名古屋駅構内にあるカフェ「ジャンシアーヌ」と、
「ジャンシアーヌレジェ」だけで買える。

意気揚々と売り場に行ったのですが…
ショーケースの上にこんな文字が…

これほどの人気とは…

b0095350_23285772.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2014-05-31 23:30 | グルメ・スイーツ | Trackback | Comments(0)
怒涛の一週間。
幼稚園の卒園アルバムの校正。
ある程度覚悟はしていましたが、
やっぱり今年もギリギリまで胃の痛い思いをしました。
午前中に手直しの指示を受け、
速攻で修正して、再校正原稿を仕上げ、
夕方直接持って行って、その場でOKをもらい、
そのデータを印刷業者さんに入稿。
タイムリミットギリギリ…
なんとか間に合って、ホッとしました。
さて、今週は競馬の祭典ダービー。
気持ちに余裕をもって予想できました。
武豊の17トーセンスターダム
b0095350_111161.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2014-05-30 18:30 | 競馬 | Trackback | Comments(0)

古瀬戸の全貌

瀬戸市美術館では、特別展
古瀬戸の全貌ー瀬戸焼の黎明と発展ーが開催されています。
「古瀬戸」は、12世紀後期にその生産が開始され、
15世紀後期の「大窯」の生産へと推移するまでの鎌倉・室町時代の約300年間にわたり
瀬戸窯で生産され続けたやきもの。その内容や技術によって、
中国青磁や白磁、朝鮮半島の高麗青磁等を写した灰釉が作られる前期、
天目茶碗等の鉄釉が出現し、さらに器面を彩る印花文や画花文等、多様な文様が施されるようになる中期、
そして日常生活容器が量産されるようになる後期の大きく3段階に分かれます。
この「古瀬戸」は、日本の中世において唯一の施釉陶器であったことから、
日本全国に流通していき、それにより瀬戸窯は、国内屈指の窯業地として成長を遂げていきました。
「古瀬戸」について、その名品とともに、成立に大きく影響を与えた中国陶磁等や、
窯跡出土品、約130点が展示され、
古瀬戸研究者として、加藤唐九郎や本多静雄、鈴木八郎らが収蔵した陶片なども紹介されていました。
今年は穴窯焼成3回に加え、登窯での焼成が1回予定されているので、
そこそこのおおきさの作品を作りためておかないといけません。
b0095350_11292633.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2014-05-29 22:30 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)
新世紀工芸館で催されていた
「陶とガラスの五月人形とお祝いの日のうつわ展」
陶磁器やガラスで作られた五月人形、こいのぼり、兜の置物や壁掛けなど、
お部屋に飾って楽しめる五月飾りと、端午の節句などのお祝いの席や、誕生日や家族の記念日など、
“ちょっとしたお祝いの日”の食卓で使用していただける大皿や取り皿、酒器などの展示販売が行われました。
今回は、瀬戸市を中心に29名の陶芸作家と12名のガラス工芸作家が作品を出品し、
私も密かに参加してました。
で、会期も終わり、搬出に行ったらば、作品が無い⁈
お買い上げいただいたとのこと(^。^)
珍しく売り上げに貢献しました。
b0095350_1881046.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2014-05-28 12:30 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)

本多静雄コレクションⅢ

こちらも会期が終わってしまいましたが、豊田市民芸館では、
本多静雄コレクションⅢが催されていました。
本多静雄氏(1898〜1999)は、電気通信事業と科学技術の向上に献身されるとともに、古陶磁研究家として、
陶磁器の研究に取り組まれ、 特に猿投山西南麓古窯跡群(猿投窯)の発見者としても著名で、
貴重な資料や出土品の収集、研究により郷土文化の発展に貢献した功績により昭和52年(1977)
豊田市名誉市民となりました。
昭和58年(1983)4月には本多氏のご尽力により日本民藝館の一部を移築し豊田市民芸館を開館しました。
本多静雄氏が収集した民芸・古陶磁などや氏の業績を紹介するシリーズの3回目。
今回は円空仏・瀬戸石皿・六古窯の古陶磁や 郷土作家の作品約170点と逓信省の技術官僚として活躍した、
ドイツ留学でのベルリンオリンピックの写真電送実験の業績などを展示紹介します。
さて、過日、なんでも鑑定団で渥美の壺に関連して、
豊田市民芸館が登場したようで、渥美窯の存在を知ったという来場者もいらっしゃいました。
b0095350_7432728.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2014-05-27 07:30 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)
高浜のかわら美術館で開催されていた、
ボーダレス アート コレクション。
ひたすら俯瞰した町並みを描いた絵、
ひとつひとつ表情の違う焼き物の犬の数々、
ダンボールに気に入ったチラシのタイトルを
切り抜いて、テープをぐるぐる巻にして座布団みたいな形になった作品など、
私が思い描く美術作品らしい美術作品以外にも多彩な作品表現が存在していました。
中には見覚えのあるものも…
コンクリート像の浅野祥雲さんの五色園や桃太郎神社の作品や、
南知多の貝がら公園の作品などのパネルもあったりと、
絵画、彫刻、建築、工芸品など合計250点以上をじっくり鑑賞。
斬新な発想、荒々しい描線、大胆なかたち、身の回りのものへのこだわり、ユニークな作品の数々。
自由で純粋な表現の大切さを感じることができました。
b0095350_14231287.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2014-05-26 13:30 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)

酒和っち

5月25日
昼間っから、お酒を呑んでしまいました。
瑞浪市で催された、地酒・本格焼酎試飲即売会、
その名も「酒和っち」
清酒6蔵、焼酎4蔵の蔵元のお酒を味わいました。
酒の肴には、鯨の干し肉とかホタルイカの干物とか
みずなみボーノポークなどがあり、おつまみも美味しかった。
こんなイベントにも、お酒好きの陶芸関係者がいて、
土岐で作陶している知り合いの方とか、
瀬戸窯業高校の専攻科の在校生もいました。
ほろ酔いでいい気分。気持ちをリセットして、
とどめの1週間を乗り切るぞ!
b0095350_2131237.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2014-05-25 21:30 | 徒然 | Trackback | Comments(0)

8月11日は「山の日」

山の恩恵に感謝し、豊かな自然を次世代に残す-。そんな思いが込められた「山の日」。
23日の参院本会議では、与野党の多くの議員による賛成多数で改正祝日法が成立し、
8月11日は「山の日」となりました。
全国各地には8月8日の「ぎふ山の日」(岐阜県)や、11月11日の「えひめ山の日」(愛媛県)など
独自の「山の日」があり、「八」の文字が山の形に見えるため「8」、
木が立ち並ぶイメージから「11」を使っているケースが目立つ。
今回「8月11日」としたのもこうした意味合いがあるが、
当初は祝日のない6月や「海の日」(7月の第3月曜日)の翌日とする案もあった。
だが、最終的にお盆に長期休暇を取りやすい日取りに収まった。

私事で恐縮ですが、8月11日は父の命日。
さて、父も好きだった競馬。
オークス
大穴狙いで、4ペイシャフェリス
b0095350_11433733.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2014-05-24 05:30 | 山歩き・クライミング | Trackback | Comments(0)

アプリ

先月、東京の妹一家の所に行った時、
私のiPhoneにアプリが全く入っていないことを知って、
オススメのアプリを教えてくれました。
東京では、あちこち出かけることが多いため、
まずは乗り換えアプリが必需品。
高尾山〜影信山〜陣馬山をハイクしてから、
東京競馬場に移動するルートを検索。
全然スマホを使いこなせていませんが、
なんとか活用していきます。
b0095350_15362854.jpg


[PR]
by nodacchi21 | 2014-05-23 15:30 | 徒然 | Trackback | Comments(0)
卒園アルバムの校正もいよいよ佳境。
撮影した画像を引っ張り出し、行事ごとに一部差し替え。
去年の春の遠足は潮干狩りだったので、園児さんはほぼ私服。
選んだ画像に写っている園児さんが年長組なのか判断がつかないので、
幼稚園に出向いてその場で確認を取った上で、校正作業にあたったりしています。
それに加え、幼稚園は先日の遠足の写真もとりまとめないといけないし、
中学校では6月に野外学習や修学旅行があり、その撮影についての打ち合わせもあったりと、
今週の平日は朝から晩まで動き回っています。
b0095350_08140137.jpg

[PR]
by nodacchi21 | 2014-05-22 20:30 | 写真 | Trackback | Comments(0)