陶芸のひとりごと

nodacchi21.exblog.jp

愛知県長久手市在住、45歳野田宗憲(のだっち、むねサン)野田写真館を営む一方で、陶芸、甘いもの、車や鉄道に乗ってあちこち出没。最近は登山に嵌っている。

ブログトップ

カテゴリ:山歩き・クライミング( 175 )

入山禁止

b0095350_12281426.jpg
平成29年11月6日

紅葉も徐々にふもとに下りてきています。
紅葉狩りで低山の山歩きをする方も増えてきます。
さて、個人所有や組合で管理している山で「きのこ山」の所は、
あちこちで「入山禁止」の札があったり、
ロープで進入を遮っているところもあります。
人間関係のいさかいもですが、ほかにも
秋は動物たちも冬眠前の栄養を蓄えようと動き回っているし、
日の入りが早くなって日中の活動時間も短くなるし、
なにより気温が低くなるので防寒対策も必要です。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-11-10 12:45 | 山歩き・クライミング | Trackback | Comments(0)
b0095350_1954318.jpg
平成29年10月8日

この夏、涸沢で使用したテント。
厳密には山岳用テントではないのですが、
夏山では問題なく使用できます。
ただ、20年戦士なので経年劣化は否めず、
特に防水効果の減退は顕著に現れました。
天気の良いこの日、屋外にテントを張りメンテナンス。
テントの縫い目部分をシームコートで補修し、
シート前面に防水スプレーを塗布しました。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-10-09 20:11 | 山歩き・クライミング | Trackback | Comments(0)

タイベック

b0095350_1255212.jpg
平成29年10月6日

ネットで注文していた“タイベック”が届きました。
デュポン®タイベック®はポリエチレン100%の不織布。
「風や水分を通さず、水蒸気を通す」という性質があり、
住宅の結露防止に高い効果を発揮します。
住宅建材なんですが、防水性、安価、軽量、透湿性、防風性がある素材なので、
テントの下に敷いてフットプリントやグランドシート代わりに、
登山ではちょくちょく使われます。
1m*2mで200gほどの重さ。
休憩用のシートとしても使うつもりです。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-10-09 01:39 | 山歩き・クライミング | Trackback | Comments(0)

カントリーマアム

b0095350_965469.jpg
平成29年10月3日

10月3日は登山の日。
登山中は常にエネルギーを消費しています。
そこで、行動食を持参して歩きながらエネルギー補充しないと、
突然ガス欠になり動けなくなることもあります。
さまざまな行動食ランキングで上位にあげられるのが、
軽さ・糖質・脂質・日持ちなど、総合的に優れた行動食であるソフトクッキー、
商品名カントリーマアム。
季節限定のフレーバーなども発売され、私もお山に持っていきます。
今は、ハロウィンのパッケージが目を引きます。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-10-06 09:22 | 山歩き・クライミング | Trackback | Comments(0)

メスティン

b0095350_2324048.jpg
平成29年9月28日

マンガ“山と食欲と私”で見て以来、無性に欲しくなった
trangia(トランギア) メスティン TR-210 を買ってしまった。
メスティンは、ソロキャンプの定番。
世界最小で、最も簡単にご飯を炊けるだけでなく、
様々な料理に応用できる万能ギア。
使用前にしなければならない作業があります。
メスティン本体の蓋のふちの部分は処理が甘くギザギザしているので、
ヤスリで磨いてバリ取りをします。
次に、焦げ付きを防止するため、米のとぎ汁の中で30分程煮立たせ、
シーズニングを行いました。
じっせん投入が楽しみです。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-10-01 23:15 | 山歩き・クライミング | Trackback | Comments(0)

山と食欲と私

b0095350_0524654.jpg
平成29年9月18日

朝方にかけて台風18号が最接近し、かなりの強風が吹き荒れました。
台風一過の青空がのぞいているとはいえ、
落ち葉や落ち枝、倒木など散乱している状況。
今日はおとなしく過ごします。
27歳、会社員の日々野鮎美は、「山ガール」と呼ばれるのを嫌う自称「単独登山女子」。
美味しい食材をリュックにつめて、今日も一人山を登るのでした。
山でご飯を食べる幸せをあなたも体感してください♪
マンガ「山と食欲と私」信濃川日出雄
単行本が現在5巻まで発行され、累計40万部の人気。
私自身は、テント泊や避難小屋泊まりの時くらいしか料理しませんが、
読んでいるうちに、いろいろとやってみたくなりました。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-09-22 01:10 | 山歩き・クライミング | Trackback | Comments(0)

剱岳

b0095350_196328.jpg
平成29年9月16日

台風18号が来る前に、連休を利用して、剱岳へ。
翌日は天気が崩れる予報なので、1日でピストン可能な早月尾根へ。
深夜3:30に登山口の馬場島を出発。
北アルプス3大急登の早月尾根は、標高差2200m。
そしてラストの200mはカニのハサミなど、岩場と鎖場のオンパレード。
7時間かけ、ようやく剱岳山頂に立つ。
この日は、台風が来る前に登ろうという人が多かった。
下山も道を譲り合い、落石や滑落に注意して進んだので、
結局6時間もかかりました。
疲労困憊。キツすぎ。でもやり切って大満足。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-09-18 19:24 | 山歩き・クライミング | Trackback | Comments(0)

山、きらめきのPhoto展

b0095350_1375787.jpg
平成29年9月13日

文化のみち 橦木館の和室や土蔵では、日本山岳写真協会東海支部による、
美しい秋冬の風景写真を展示した、『山、きらめきのPhoto展』が開かれています。
白銀の北アルプスの尾根、岩場に立つ気高きライチョウ、春の藤原岳で咲き誇る福寿草、
稜線を駆け降りる滝雲、星のきらめく山頂の夜景など、
貴重な一瞬をとらえた作品が並んでいます。
現地に行かなければ目にすることができない光景。
季節や気象条件で全く異なった顔を見せる山々。
辛い登山の先に、まだ見ぬ世界が待っていると信じて、
私も頂上目指して登ります。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-09-14 02:05 | 山歩き・クライミング | Trackback | Comments(0)
b0095350_9592452.jpg
平成29年9月5日

御在所岳遭難者のブログが炎上している。
地図の不携行や、登山届の未提出など、知識・装備・実力等が不足していた上に、
救助にあたった警察の対応に批判を展開したことで、
自己中心的な態度が読者の印象を悪くし、炎上につながったようです。
御在所岳は、名古屋からでも出かけやすい人気の山ですが、
遭難事故は結構あります。
登山口には、遭難者の情報を求める看板が建っています。
山に入るときには必ずリスクが生じます。
救助を呼ぼうにも、電波が届かないことはよくあります。
猿投山で遭難事件があったように、標高は関係ありません。
最近は、バスの発車時間など、時間に急かされた登山が多いので、
自分の実力を考え、状況に応じた決断のできる姿勢が重要だと思います。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-09-06 10:23 | 山歩き・クライミング | Trackback | Comments(0)
b0095350_910552.jpg
平成29年8月21日

平成26年9月の水蒸気噴火の後、噴煙活動や地震活動は緩やかな低下が続いていた御嶽山。
「火口からおおむね1キロの範囲に影響を及ぼす噴火の可能性は低くなった」として
気象庁は午後3時、火口周辺警報を解除し、噴火警戒レベルを「活火山であることに留意」を示す「1」に引き下げた。
しかし、ふもとの自治体などは、山小屋の整備など安全対策が整った段階で規制を見直すことを決定し、
今後も火口からおおむね1キロの範囲で立ち入り規制を継続する。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-08-23 09:15 | 山歩き・クライミング | Trackback | Comments(0)