陶芸のひとりごと

nodacchi21.exblog.jp

愛知県長久手市在住、45歳野田宗憲(のだっち、むねサン)野田写真館を営む一方で、陶芸、甘いもの、車や鉄道に乗ってあちこち出没。最近は登山に嵌っている。

ブログトップ

カテゴリ:陶芸・展覧会( 1781 )

狛犬を作ろう!


b0095350_13283179.jpg
平成29年7月11日



今年は、豊田市民芸の森主催で、
「狛犬を作ろう!」講座が開かれます。
8月下旬には焼きあがるので、夏休みの自由研究に使えます。
チラシでは午前中のみ行う予定となっていましたが、
思いがけず応募多数となったため、
急遽午後にも講座を開くこととなりました。
狛犬人気、おそるべし。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-07-13 13:23 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)

瓦万華鏡

b0095350_17242642.jpg
平成29年6月23日

毎度のことですが、会期終了間近に、
愛知県陶磁美術館で開かれている『瓦万華鏡』展を鑑賞。
愛知を中心に、古代の寺院や近世の城郭建築で使われた瓦や、
江戸の街並みに葺かれた実用的な瓦、三州鬼瓦の名工による鬼瓦など、
歴史縦断的に瓦の変遷を学びました。
家康が名古屋に城下町を築くまで、尾張の中心は清須でした。
清須城跡から出土した金箔桐文鬼瓦は、
当時の荘厳な清須城の姿を想起させてくれます。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-06-25 17:37 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)

ゆる~~い表情のこま犬

b0095350_110053.jpg
平成29年6月18日

7月下旬に豊田市民芸館の穴窯焼成が行われます。
その窯で焼く作品制作が、木曜、土曜、日曜にありまして、
講師として参加しました。
今回は参加者が多く、動き回って作陶のお手伝い。
規格いっぱいの40センチの壷や鉢、
オブジェ、花器、茶碗など、
作品を並べる棚にビッシリ!!
私もゆる~~い表情のこま犬なんぞ作って遊びました。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-06-21 01:20 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)

お茶碗作り

b0095350_1032152.jpg
平成29年6月6日

豊田市民芸館へ。
今年も7月に穴窯焼成に携わります。
で、穴窯で焼くお茶碗を作りに高校生がやってきました。
ひもづくりで2時間かけて制作の指導。
大き目で高さのあるものができるように
お手伝いしたのですが、う~~ん重い。
それなりの格好はできたと思います。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-06-11 10:40 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)

特別展「茶の湯」

b0095350_1332486.jpg


平成29年5月19日
上野の東京国立博物館へ。
平成館で催されている、特別展「茶の湯」
日曜美術館で取り上げられた展覧会です。
おもに室町時代から近代まで茶の湯の美術の変遷を大規模に展観するもの。
「茶の湯」をテーマにこれほどの名品が一堂に会する展覧会は、
1980(昭和55)年の「茶の美術」展以来、実に37年ぶり。
国宝、重要文化財のオンパレード。
音声ガイドは春風亭昇太さん。
ボリュームありすぎて、1時間では到底じっくり鑑賞する余裕はなく、
後ろ髪曳かれる思いで会場を後にしました。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-05-26 01:42 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)
b0095350_1125314.jpg


平成29年5月18日
有楽町にある出光美術館。
エレベーターで帝劇ビルの9階へ。
こちらで『茶の湯のうつわ ―和漢の世界』展を鑑賞。
◇一楽、二萩、三唐津!
◇江戸時代に流行した「和漢のうつわ」
◇大名家・豪商愛蔵の茶道具がズラリ!
◇13年ぶり、秘蔵『雲州蔵帳』公開
みどころを堪能。
さらに、陶片室にも立ち寄ったり、お濠や皇居を眺めたりしました。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-05-26 01:28 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)
b0095350_0561883.jpg
平成29年5月17日

名古屋の中学校の修学旅行の行程は、
初日にディズニーランド、2日目が班別の東京分散。
集合時間まで私も自由行動。
やきものの展覧会を3つはしご。
まずは、東京国立近代美術館で開催中の
『茶碗の中の宇宙 樂家一子相伝の芸術』
◆初代長次郎、光悦の重要文化財が、かつてない規模で揃っています
◆利休が愛した名碗も揃います
◆一子相伝の樂家450年の伝統と技
◆現代の視点でとらえた初代長次郎はじめ、歴代の茶碗を鑑賞
[PR]
by nodacchi21 | 2017-05-26 01:11 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)

第24回 陶芸仲間の会展

b0095350_2049528.jpg


平成29年5月8日
午後、栄の名古屋市民ギャラリーへ。
第4展示室にて、第24回陶芸仲間の会展の作品の搬入。
今回は、豊田市民芸館の講座のPRも兼ねて、
穴窯焼成の作品と、特別講座の作品を並べました。
こどもの日は過ぎてしまいましたが、穴窯で焼いた兜、
酉年に因んでこしらえた、穴窯で焼いたふくろう、
見本で何体か作った施釉したこま犬。
14日(日)まで。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-05-21 20:55 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)

第43回 美濃陶芸展

b0095350_19525358.jpg


平成29年5月4日
多治見のセラミックパーク美濃へ。
2017陶芸作家展で若手から重鎮までの作品を見て、
併せて公募展の第43回 美濃陶芸展を鑑賞。
だいたい毎年訪れてますが、今年の連休は天候に恵まれていることもあってか、
来場者が多く感じました。
美濃は活気があるなあ。
土岐美濃焼まつりや荒川豊蔵の工房の公開、秋には国際陶磁器フェスティバルの開催など、
イベントいっぱい。
東濃信用金庫が陶芸作品の展示施設を開設したそうで、
地元のバックアップもできてるなあ。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-05-21 20:05 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)
b0095350_1942525.jpg


平成29年5月3日
栄の愛知県美術館ギャラリーで開かれている、
第56回 現代工芸美術展 東海展で作品を鑑賞。
陶芸仲間の会の会員が入選されたのです。
年々腕を上げていらっしゃいます。
審査員の方の、制作過程を紹介するパネルや
使用している道具類の展示なんかもあって、
有益な時間を過ごすことができました。
[PR]
by nodacchi21 | 2017-05-21 19:49 | 陶芸・展覧会 | Trackback | Comments(0)